Newspaper

2018年06月8日

20年卒就活、はや号砲

日本経済新聞(6月8日付朝刊)によると、19年卒の就活がすでに終盤戦を迎える中、20年卒の就活戦線が始まっているようだ。

マイナビが3日都内で主催したインターンの説明イベントには、15,000人の学生が集まったという。

経団連が17年にインターンの日数規定を廃止して以降、1週間単位でインターンを実施していた企業が「1日型」に切り替えたり、新たに実施する企業が相次いだ。経団連に加盟していない企業も含めて、夏休みのインターンが就活がスタートになる。

19年卒のインターン参加率は約8割だという。3年の8月から翌年6月まで、学生たちは約1年間就活をすることになる。採用担当者もそれに関わらざるを得ない。そこまでしても離職率が減る気配はない。

採用コンサルタントの谷出正直氏は「効果を検証する時期にきている」と指摘する。

 


関連するニュース

商社 2022年度版「好評発売中!」

商社 2021年度版
インタビュー インターン

兼松

トラスコ中山

ユアサ商事

体験