三井物産

2019年06月13日

環境基金の活動・研究助成案件を決定

三井物産は6月13日、三井物産環境基金2018年度の活動・研究助成案件を決定したと発表した。基金では気候変動対策であるパリ協定の発効、国連によるSDGsの採択、ESG投資の拡大など、地球環境を巡る社会・経済が急速に変化している状況を捉え、2018年度からは、新たな選考基準で助成案件が選定された。2018年度の助成案件の応募は169件(活動助成:98件、研究助成:71件)、有識者等による厳正な審査を行った結果、17件(活動助成:11件、研究助成:6件)、総額約1億2,600万円の案件が決定された。これにより2005年からの助成件数の累計は571件、総額約58億400万円となっている。


関連するニュース

商社 2020年度版

商社 2018年度版

世界の隅々に強烈な存在感を示す、日本独自の企業体「商社」。グローバルに活躍する商社パースンたちの圧巻のエピソード、人事部採用担当者たちの熱きメッセージを満載! 総合商社&専門商社の有力企業を完全網羅した「商社内定者」たちの必読書!!

体験

日経平均株価(最新1日)

兼松

トラスコ中山

ユアサ商事