住友商事

2019年03月14日

冷蔵技術開発を手掛けるMARS社に出資

住友商事は3月14日、冷蔵技術の研究・開発を手掛けるMARS社に出資したと発表した。MARS社は、氷点下でも生鮮食品を凍らせない環境を作り、鮮度の保持を可能にするユニークな冷蔵技術を活用した製品の開発・販売を行っている。住友商事はMARS社と協業し、蔵番の機能を搭載した40フィートコンテナの開発を行う。通常の冷蔵コンテナと比較して、格段に鮮度保持の効果が高く、海上輸送による流通範囲の拡大や航空輸送の代替による輸送コストの削減にもつながることから、生鮮食品の輸出促進を目指す国や地域からの需要が期待される。


関連するニュース

商社 2020年度版

商社 2018年度版

世界の隅々に強烈な存在感を示す、日本独自の企業体「商社」。グローバルに活躍する商社パースンたちの圧巻のエピソード、人事部採用担当者たちの熱きメッセージを満載! 総合商社&専門商社の有力企業を完全網羅した「商社内定者」たちの必読書!!

体験

日経平均株価(最新1日)

兼松

トラスコ中山

ユアサ商事