豊田通商

2019年12月2日

グループ会社による水素ステーションへのRE100対応の再エネ電力供給開始を発表

豊田通商は12月2日、グループのエネ・ビジョンが1日より、再生可能エネルギー100%由来と認められる電気「RE100電気」の供給を開始したことを発表した。エネ・ビジョンは、エンジニアリングを通じて顧客エネルギーシステムの最適化を手掛けており、第1号の供給先は、グループの豊通エア・リキードハイドロジェンエナジーが運営する名古屋熱田水素ステーションになる。エネ・ビジョンから「RE100電気」を購入することにより、同水素ステーションの消費電力は、実質再生可能エネルギー100%となる。


関連するニュース

商社 2021年度版 「近日発売!」

商社 2021年度版

世界の隅々に強烈な存在感を示す、日本独自の企業体「商社」。グローバルに活躍する商社パースンたちの圧巻のエピソード、人事部採用担当者たちの熱きメッセージを満載! 総合商社&専門商社の有力企業を完全網羅した「商社内定者」たちの必読書!!

体験

日経平均株価(最新1日)

兼松

トラスコ中山

ユアサ商事