豊田通商

2019年12月6日

エジプト初の風力発電IPP事業で竣工式を開催

豊田通商は12月6日、ユーラスエナジーホールディングス社とエジプトで建設を進めていた262.5MWの風力発電所が10月31日より商業運転を開始し、5日にエジプト・カイロで竣工式を開催したと発表した。同事業は同国の風力発電では初めてのIPP事業となる。豊田通商とユーラスエナジーのほか、仏エンジー社および埃オラスコム・コンストラクション社の4社で設立した事業会社ラス・ガレブ・ウインド・エナジーは、今後20年間にわたり発電所を保有、運営し、エジプト送電公社向けに売電していく。


関連するニュース

商社 2021年度版「好評発売中!」

商社 2021年度版

世界の隅々に強烈な存在感を示す、日本独自の企業体「商社」。グローバルに活躍する商社パースンたちの圧巻のエピソード、人事部採用担当者たちの熱きメッセージを満載! 総合商社&専門商社の有力企業を完全網羅した「商社内定者」たちの必読書!!

体験

日経平均株価(最新1日)

兼松

トラスコ中山

ユアサ商事