伊藤忠商事

2020年04月30日

温室効果ガス・ゼロ・エミッション船を共同開発

伊藤忠商事は4月30日、今治造船、三井E&Sマシナリー、一般財団法人日本海事協会、伊藤忠エネクスとともに、MAN社との間で、MAN社が開発を進めているアンモニアを主燃料とする主機関を搭載する船舶の共同開発に取り組むことに合意したと発表した。今回の日本企業連合を核とした共同開発においては、単にアンモニア焚機関を搭載する船舶の開発にとどまらず、同船舶の保有運航、舶用アンモニア燃料の導入、及びその供給設備を含めた統合型プロジェクトの具体化までを目指しており、国内外の各企業、関係省庁とも協力し、GHG削減に向けた取り組みを進めていく。


関連するニュース

商社 2022年度版「好評発売中!」

商社 2021年度版
インタビュー インターン

兼松

トラスコ中山

ユアサ商事

体験