住商が求める人物像「創造、発信、協働」(4)

2017年04月20日

住友商事・採用チーム長、藤和恒さんが述べる
「我が社のビジネス・人材教育・配属・人物」

3月19日(日)に福岡市で開催された九州商社会7大商社ファイルセミナー

当日、九州各地から集まった総合商社志望の学生たちに向けて開催された4つのパネルディスカッションのうち、7大商社の採用担当者7人が登場したパートを、各商社の承諾を受けた順に4回に分けて掲載する。

その第1弾は、財閥系でありながら、風通しの良いフレッシュな社風が人気の住友商事。パネルディスカッションに登壇したのは、人事部採用チーム長・藤和恒さん。ES提出前に、また、面接前に、豊富な商社パースン経験に裏打ちされた藤さんの言葉をしっかりと心に焼き付けてほしい。住友商事・第4回は「求める人物像、社内で活躍している人」。

 

住友商事
人事部 部長代理 採用チーム長
藤 和恒
1994年入社

 

――求める人物像、社内で活躍している人について。

:「創造、発信、協働」になります。創造というのは好奇心を持って新しい価値創造に挑戦できる人。発信というのは自分の想いや考えを、情熱を持って発信できる人。協働というのは、周囲を巻き込んで粘り強く実行できる人。これが求める人物像になりますが、今すぐにこれらが出来るということではなく、そんなポテンシャルを持った学生さんを採用したいと考えています。社内で活躍している人は、さまざまな環境に身を置いて仕事をしていくことになるので、どの環境においても自分の想いをしっかりと持ち、それを本当にやり切る覚悟を持って、やり切れる人が活躍していると思っています。

 ――住友商事・藤様、どうもありがとうございました。

 


関連するニュース

商社 2022年度版「好評発売中!」

商社 2021年度版
インタビュー インターン

兼松

トラスコ中山

ユアサ商事

体験